ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム
文書作成日:2020/05/05


 健康面での心配が尽きない今だからこそ、改めて免疫力アップを心がけてみませんか。さまざまなウイルスに負けないためには、免疫力を高めることが大切です。今回は具体的にどんな暮らし方をすると免疫力アップにつながるか、まとめてみました。




 免疫とは、体内に入り込んだ異物を攻撃して排除し、身体を守る防御システムのこと。免疫力は、加齢による老化や自律神経の乱れ(強いストレスにさらされる等)によって、その働きが低下しやすくなります。免疫力が下がると、当然ながら病原菌などに対する抵抗力が弱まり、体調をくずしやすくなってしまいます。



 今すぐできる、ストレスをためずに免疫力を上げる方法についてご紹介します。

・3食きちんと食べる
 免疫力を保つには、良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルが不可欠です。1日3食、できれば同じ時間帯に栄養バランスのとれた食事をとることを心がけましょう。ただ、毎食作るのが大変な場合は、具沢山お味噌汁を一度にたくさん作っておいたり、納豆や野菜ジュース、市販のお惣菜などで足りない栄養をプラスしたりするのがおすすめ。毎日のことだから、無理をしないことが大切です。

・身体を温める
 体温が上がるとリンパ球が増えて活性化し、免疫機能がアップします。なるべく身体を冷やさない服装にし、お風呂はゆっくり浸かるようにしましょう。目安は40度位のお湯に10分ほど入ること。夜、お風呂にゆっくり入ることで、睡眠の質も上がります。寝不足は免疫力の低下を招くので注意したいものです。

・楽しい時間をもつ
 趣味やスポーツ、リラックスした時間をもつようにすることは、免疫力の向上につながります。1日10分程度、身体を動かしたり、少しお散歩をしたりするだけでも効果が期待できます。誰かとお話をしたり、お笑い番組等を観たり、楽しい時間を過ごして「笑うこと」もおすすめ。笑いには、免疫力を司る細胞を活性化させる効果が期待できます。

・急にがんばりすぎない
 お家で過ごす時間ができたからと、急に資格の勉強を始めたり、お料理に凝ったりするのは素晴らしいことですが、がんばりすぎないことも大切です。こんなに時間があるのに、何もできないと自分を責めたりせず、心おだやかに過ごすことが免疫力を高め、健康な身体の維持に役立ちます。


 難しいかもしれませんが、暮らしを楽しむことが免疫力にも良い影響を与えるもの。できるだけ、自分が心地よく感じる時間を増やしてみましょう。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。