お知らせ
お知らせ
作成日:2023/12/19
今年一年を振り返って



今年もあと10日程で1年が過ぎようとしていますが、今年1年の出来事を振り返ってみようと思います。

まず3月ですが、WBCで侍ジャパンが7戦全勝で3大会ぶり3度目の優勝を飾りました。確定申告で非常に忙しい時期ではあったんですが、忙しいのを忘れてしまうくらいのインパクトがありました。

 5月には新型コロナウイルス感染症が季節性インフルエンザと同じ5類に引き下げられました。これにより、様々な行動制限がなくなり、療養や感染防止のあり方は基本的に個人の判断となりました。

 7月には中古車販売大手のビッグモーターによる保険金の不正請求が判明し、創業者の社長が辞任しました。その影響は損保会社にも広がり、損保ジャパンの社長までが辞任することになりました。最近では、買収問題も浮上しており、来春には決定するのではないかと言われています。

 同じく7月にボクシングの井上尚弥選手が、世界4階級制覇を成し遂げました。ライトフライ級、スーパーフライ級、バンダム級を制し、今年階級をスーパーバンダム級に上げての初戦で、いきなりの2団体王者ということで、もしやもあるのではと若干思ったのですが、あっさり勝利してしまいました。1226日に同じく2団体王者のマーロン・タパレスと対戦が決まっています。これに勝てば男子では世界で2人目となる2階級4団体制覇となります。これも非常に楽しみにしています。

8月には日大アメフト部員の違法薬物での逮捕と、その大学の対応をめぐる不祥事や、9月にジャニーズ事務所による性加害問題が明るみになり、どちらもモラルに欠けた行動が世間から注目されました。

そして、今月に入ると大谷翔平選手の破格のドジャース移籍や自民党派閥などの政治資金問題など大きな出来事が今でもクローズアップされています。

 他にも、個人的にはパリオリンピックを賭けたワールドカップのバスケットやバレーとかも非常に面白かったですが、一年を通して庶民の私から感じたのは何といっても物価高でした。

 

 来年は物価高もゆるやかになってほしいと願うばかりですが、自分の物欲を抑えて、11つのモノを大切にして実りある1年にしていきたいというふうに思いました。                            Yoshi